• 自殺志願者は[自殺ダメ]で検索!
    自殺してはならない霊的な理由 自殺してはならない霊的な理由

    自殺で死ぬ前に、ここをクリックしてリンク先に書かれている情報を読みなさい!苦しまないで済む方法が掲載されているから。[クリック]

    自殺が駄目な理由

    [死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    安楽死自殺した爺さん
    安楽死自殺した爺さん

     

    安楽死で死ぬということ

    安楽死とは、安らかに死ぬことの医学的な言葉である。[苦痛なく穏やかに、安らかに死にたい]と願うことは、いつかは必ず死ななければならない人間にとり、当然のことだ。誰も、地獄の苦しみを味わう拷問を受けながら死にたいとは思わないであろうから。とにかくここでは、安楽死について各種の知識を掲載していきたい。

     

     

     

     

    安楽死と自殺幇助

    安楽死は、一般的に、重度の病気の人々の要請に応じて、、又は意識不明下に陥り、自分では意思表示が不可能となった患者の家族が生命維持を撤回する決定を下すことにより、重病患者の死亡を手助けする行為を意味すると解釈されている。オランダ、ベルギー、スイス、ルクセンブルク、米国オレゴン州を除き、各国で安楽死は基本的には認められてはいない。現在、安楽死を認めるかどうかは、各国で議論されているものの、前述のヨーロッパの国及びアメリカのオレゴン州以外では、どこも違法となっている。故に、殆どの国で、誰かが、たとえ重病患者であったとしても、その者の自殺を手助けすることは違法である。

    多くの終末期の外国人は現在、スイスの安楽死法を利用してスイスのディグニタスという安楽死幇助団体が運営している病院へ旅行し、安楽死を受けている。ディグニタスは非常に徹底した管理がなされている団体だ。法的に全てが確実に執り行われるように、自殺幇助の為にかなりの時間がかかることがある。故に、スイスに行ったから直ぐに安楽死を受けられる訳ではない。様々な手続きやカウンセリングの為の日数が必要となるのだ。費用は、安楽死の為の準備と、安楽死を受けられるまでの間の滞在費用及び介助サービス付きで、平均約4000ユーロである。医師、死亡診断書、遺体の管理、葬儀、火葬までの責任を一手に引き受けた場合、平均して合計7000ユーロかかるという。しかし、これらの情報は、いつのものかは出所が不明である。安楽死に関する情勢は日々変化しており、数か月前の情報が既に古びた過去の遺物であることは珍しくない。故に、常にディグニタスのサイトを覗いて、最新の情報を得てください。

    またスイス国内には、ディグニタス以外の安楽死推奨団体もあるらしい。しかし、そこはスイス人のみを対象にしているから、外国人の安楽死サポートは請け負っていないらしい。スイス人の終末期患者の安楽死を支援する専門のスイス人組織である。彼らのウェブサイトには、安楽死についてより詳しく解説されている。

    ディグニタスのサービスを買う余裕がない人で、どうしても安楽死したいという人もいるであろう。しかし、それは多分、無理である。医学的な知識のある人物で、かつ医療関係者や製薬メーカーの担当者ならば、比較的簡単に安楽死可能な薬物を入手出来るかもしれない。しかし、殆どの自殺志願者はそのような立場にはないので無理である。故に、諦めるしかない。

    まあ、安楽死で死ぬことは諦めて、何とか、自殺以外の死が自然に訪れるまで待つしかないと思うぞ。

     

     

     

     

    アメリカの安楽死政策

    米国の安楽死法といっても、アメリカは連邦制の国家であり、それぞれの州で独自に各政策が決定されており、安楽死に関する政策も、その範疇である。そして、アメリカではオレゴン州が唯一、安楽死を認めている州なのである。故に、オレゴン州以外の地区に住んでいるアメリカ人は、安楽死を受けたい場合、まずはオレゴン州に引っ越さねばならないのだ。

    米国では、たとえ患者の選択が急がれたとしても、患者は医療処置を拒否し、要請(受動安楽死)時に適切な疼痛(とうつう)管理を受ける権利を保持している。更に、生命維持装置のような、自然に死にたい人にとっては無駄な処置でしかない医療、または不公平な負担のある治療は、特定の状況下に限り、取り消すことが可能だ。

    オレゴン州では、尊厳死の法律は、終末期患者で、かつ精神的にハッキリと意思表示可能な人に限り、安楽死の選択肢を与えている。2008年のワシントン州では、オレゴン州の法律をモデルとした死亡幇助法が支持され、2009年12月の意見書では、モンタナ州最高裁判所は、安楽死を実行したとある医師を殺人罪で起訴しない決定を下した。

     

     

     

     

     

    英国安楽死法

    英国では[別の人の自殺を助け、奨励し、助言し、自殺の道具を調達する]人は、法律を破っており、最高14年の懲役刑に服す可能性がある。しかし実際には、クラウン・プロテクション・サービス(CPS)は、1961年に制定された自殺法の下で訴追するかどうかを、ケースバイケースで決定する。そして過去には、安楽死を認めるように、法律の変更を求める要求が繰り返されてきた。

    2009年の夏、法律の規定は、特に自殺幇助の場合に、自殺法に基づく訴追が起きる時期をより明確にする必要があると判断した。これにより、公安審査部長が発行した安楽死事件に関する一連のガイドラインが作成された。

    2010年2月25日に、過去に自殺幇助をした5000人以上の事例のフィードバックを受けて、CPSは自殺を助長または助けるケースに関して検察官に新しい方針を発表した。

    ケア・スターマー氏は、「犠牲者(自殺者)の性格ではなく、被疑者(被支援者)の動機付けに焦点を当てている」とした。

    誰かが死ぬことを助けて死に至らしめる人は、スターマー氏が綴っている要素を考慮した警察の調査に直面することを常に注意すべきだ。安楽死が起きた背景に応じて、CPSはその者の訴追の可否を決定するのだ。

    2010年2月1日以降に自殺する人の為に、その自殺志願者の安楽死を手助けした場合、自殺法1961に違反しているかどうかの基準があるので、紹介しよう。

     ・容疑者は、自殺を助長する、または自殺を手助けすることが出来る行為をしたか

     ・容疑者の行為は、自殺を助長する、又は、自殺を助長することを予め意図していたか

    しかし、上記の事実を証明できたとしても、検察官は、更に綿密な捜査が必要となる。要は、かなり裁量に任される範囲があり、明確にここまでが自殺幇助罪に当たる、と断定できるものではない。

     

    とにかく、現在の日本人が安易に安楽死を考えても、末期癌患者等の死が目前に迫っている者であり、且つスイス等の安楽死を認めている国まで渡航する費用や滞在費用、安楽死費用等全てを支払える財力を有する者でなければ、現状、薬物注射による安楽死は望めないということだ。

     

     

    死にたい時に楽に死ぬ方法①~最も致命的な自殺の方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法②~拳銃自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法③~首吊り自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法④~ビニール袋と薬品で窒息死する自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑤~薬物中毒自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑥~ビニール袋とヘリウムガスでの自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑦~一酸化炭素(CO)中毒死の自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑧~飛び降り自殺・投身自殺のやり方

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑨~電車へ飛び込み自殺する方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑩~シアン化物及び塩化カリウムを使った自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑪~安楽死と自殺幇助

     

     

    自殺の霊的知識へ
    [死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について