• 自殺志願者は[自殺ダメ]で検索!
    自殺してはならない霊的な理由 自殺してはならない霊的な理由

    自殺で死ぬ前に、ここをクリックしてリンク先に書かれている情報を読みなさい!苦しまないで済む方法が掲載されているから。[クリック]

    自殺が駄目な理由

    [死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    薬物中毒自殺
    薬物中毒自殺

     

     薬物中毒自殺とは、体内から人間の身体を殺す自殺方法

    この世の誰もが、出来るだけ苦痛のない死を迎えることを望み、また、自殺志願者全員が、比較的楽な自殺方法で死にたいと願っている。そんな思いに応える自殺方法は、薬物中毒自殺しかないのは明白だ。科学・医学の進歩の産物である薬物の力に頼り、人体を安楽死させることは、現代においては夢物語ではない。故に、海外では、薬物中毒自殺は、最も無痛で死ねる自殺方法として崇められているのだ。

     

     

     

     

     アメリカでの薬物中毒自殺患者について

    2006年の米国では、SAMHSA[薬物乱用及び精神保健サービス管理機関]による調査データが判明した事実は、薬物中毒自殺を試みた自殺志願者の内、18万2805人が救急部[ED]の訪問に繋がった。その内、3万1528人が直ちに治療され、残りの10万1409人が入院した(3万7821人が集中治療を受けた)。残りの4万9867人は専門医治療の為に別の病院へ移送する必要があった。つまり、大多数の急性薬物中毒患者の症例が病院への入院を必要としていた。

     

    参考 ドラッグのオーバードーズ/薬物中毒で死亡した芸能人・海外セレブ一覧[2000年以降]

     

    米国エネルギー省の健康に関する部局の情報によると、全ての薬物中毒自殺事件の内、たったの1471人のみがクスリの過剰摂取により死亡しただけであることが判明した。つまり、薬物中毒を行っても、大半は薬物自殺未遂で終了するということ。薬物自殺が成功してあの世へ旅立てた自殺志願者は、全体の薬物自殺実行者の内、たったの2.2%程度しかいない、ということだ。これは、40分の1程度の成功確率でしかない。しかし、これは真実を隠している。実際の薬物自殺未遂者というのは、その全てが病院にかかる訳ではない。それは、クスリを自殺しようとして摂取したとしても、その多くの人が重篤な後遺障害もなく、そのまま復帰してしまうからだ。つまり、薬物自殺未遂後に一々病院にはかかっていないということ。故に、実際の薬物自殺を試みた者の年間の人数というのは、不明なのである。

     

     

     

     

     

    薬物中毒自殺に対する世間のイメージ

    薬物自殺を試みる多くの人は、本気で死ぬつもりはないのかもしれない。それは、大部分の自殺未遂者が、実は自殺ジェスチャー目的でクスリを服用した結果なのかもしれない。自殺ジェスチャーとは、自分が自殺行為をすることにより、意中の相手の気を引くことを目的としてする、疑似の自殺行為のこと。稀に自殺ジェスチャーで本当にそのまま死亡してしまう人もいるが、薬物中毒自殺の場合には、それほど多くはない。なにせ、事前にその薬をどれだけ飲めばどれほどの毒性があるかとか、全て計算ずくで試みるのだから。

    また、本気で薬物中毒死自殺をしたい者であれ、そもそも、合法的に入手可能な範囲内の薬剤において、致死するまでに至る副作用を有する薬剤はないのだ。一般的な薬局で販売されている市販のクスリというのは、副作用はとても低い。近年のクスリは安全性が飛躍的に高められており、場合によっては何万錠もの錠剤を服用して、初めて死に至る、というほど微量な毒性しかないクスリも多数あるのだ。そうなれば、たとえ薬剤の過剰摂取で死亡したとしても、それはクスリの副作用で自殺したのではなく、胃が破裂した結果による死と言わざるを得ない。故に、医学関係者でもない限り、中々、致死性の高い薬物を入手することは困難なのだ。

    また、覚醒剤等の違法薬物の過剰摂取が原因で亡くなることもあるが、その多くの事例は、故意に死のうとした訳ではなく、薬物に対する過剰な欲求の結果である。麻薬中毒患者というのは、そもそも理性で自分の行動を抑えられないので、しばしば、死ぬ程の量の麻薬を一気に注射してしまうのだ。しかし、薬物中毒患者というのは大半が貧乏なので、日本国内で、死ぬ程の覚醒剤の量を一気に買い揃えることなど、不可能に近いであろう。麻薬の原産地ならば覚醒剤やヘロインが安価に手に入るから、薬物中毒死もあり得るかもしれないが・・・。

     

     

     

     

     

    薬物中毒自殺方法の効果と結果

    一部の薬物(三環系抗うつ薬を含む)は、死に至る途中で痙攣や制御不能な突発的な発作を引き起こす可能性がある。心不全、呼吸抑制及び制御不能な発作の幾つかの組み合わせが発生することがある。平均して薬物を摂取してから三時間ほどで痙攣が始まり、病院入院後も平均六時間は継続するとのことだ。

    薬物中毒自殺患者は、頻繁に嘔吐、発熱、痙攣、呼吸抑制、臓器不全、心臓の動悸、及び他の不愉快な効果を引き起すという。なので、自殺志願者達が抱く[平和な死、穏やかな死を迎えられる]という薬物中毒死のイメージは、完全に間違いだ。薬物を用いて自殺を考えている人達は、今一度、よく考え直して欲しい。

    尚、多くの自殺志願者は、内心では、薬物単独摂取では、自殺が成功する確率は低いと確信している。故に、ビニール袋を被って薬物を飲むという複合型の自殺方法を好む傾向がある。それをすれば、死の可能性は大幅に増加することとなるから。

    しかし、日本の自殺志願者の皆さんは、今一度、死ぬことは考え直すべし!

     

     

     

     

    薬物中毒自殺における自殺ジェスチャー

    ここでは、安易に薬物中毒における自殺ジェスチャーを行う人が出てきてしまうかもしれないので、詳細なことは何も述べません。しかし、実際には、薬物というのは、頻繁に自殺ジェスチャーの手段として数多く採用されています。彼らは、自分が死なないような容量のクスリを最小致死量のみ飲みます。しかし、時として、思いがけず、身体の拒否反応が増大して、または体の強さが思ったよりも強くなかったが為に、そのまま死亡してしまうことが稀にあります。それは、薬物服用での自殺ジェスチャーをした本人には全くの予想外だったでしょう。なにせ、本気で死ぬつもりなどはなかったのですから。しかし、事実、死んでしまったのです。このような悲劇が二度と起こらないように、やはり本当に自殺ジェスチャーなどは元からすべきではないのです。もっと、精神力を強化して、強く生きてください。誰かの気を引くという形で生き続けるのは、いつまでも成功するとは限らないから。

     

     

     

     

    どの薬を使って薬物自殺をするのか?

    英国では、2001年の国家統計局のデータによると、合計1243件の麻薬関連の自殺者の内、28.5%がパラセタモール及び、その化合物によるものであり、24.5%が抗鬱剤によるものであることを示した。英国での薬物中毒自殺者が使用した薬物ランキングの内、このパラセタモールと抗鬱剤が、約半数を占めるに至ったという厳然たる事実がある。

    米国での話に移ろう。アメリカで薬物関連の自殺で、使用した薬剤が特定された薬の内、最も一般的に使用されていたクスリは、アヘン剤と処方された鎮痛剤、そして抗鬱剤等の向精神薬であったと報告されている。

    英国統計局の発表では、薬物中毒による全ての死亡(故意及び意図しない死亡)に関するデータも公開している。その報告では、ヘロイン、モルヒネ、メタドン、コカインのような違法薬物の過剰摂取が、パラセタモール、抗鬱薬や睡眠薬に続き、ランクインした。アメリカでも同様で、パラセタモール、抗鬱薬、睡眠薬、違法薬物の四点セットが、薬物自殺の定番の摂取薬となっている。

    統計により、薬剤誘発死を達成する為にはどの薬物を使用すれば適切に死を迎えられるのかが明確に示されている。しかし、実際には、各薬物摂取の結果を見ても、各個人でバラつきがある。つまり、同容量を別の二人が同じ条件下で服用したとしても、片方は死に、片方は生存する、といった奇妙な結果が引き起こされることはしばしばある、ということだ。しかし、それも当然のことだ。人体は各個人により、各薬物に対する耐性も異なれば、人種により耐毒性も異なる。遺伝子によっても相当、薬剤に対する耐久力・体力には差が発生するから。

    また、実際に薬物自殺を実行した者の内、たったの40分の1の人数しか死ねていないという結果を鑑みるに、おそらく、薬物中毒死期待度ランキングで上位に食い込む致死性の高い薬物であっても、かなりの人数が失敗したと思われる。そして、薬物自殺に失敗した者達が一々全員医者や警察に[自分は今回薬物自殺を試みた結果、失敗しました。私の試みを一カウントとして統計に反映させてください]などと申し出る訳がない。故に、統計に反映されない隠れ薬物中毒未遂者はかなりの人数に上ると思われる。

     

     

     

     

    薬物中毒自殺における睡眠薬について

    薬物自殺未遂に用いられた薬物を調査すると、多数を占めたのは、やはり様々な形態の睡眠薬であった。あのアメリカのハリウッドの某大女優も、睡眠薬の大量服用により自殺したが、それはもう何十年も過去の話だ。過去の睡眠誘発剤と、現代の睡眠誘発剤とでは、全然安全性が異なるのだ。

    数十年前には、バルビツール酸系の睡眠薬が、不眠問題の解決の為にしばしば処方されていた。しかし、バルビツール酸系の睡眠薬は強過ぎるが故に、副作用も強力であった。また、昔は安全性に関しても、それほど気に留められなかった為、大量のバルビツール酸系睡眠薬が処方されるのが通例であった。その時代の自殺志願者は、しばしば、医者から処方されたバルビツール酸系の睡眠薬を実際には服用せずに溜め込み、大量に貯蔵出来たら、それを一気に服薬して死を狙う、というのが、昔の薬物中毒自殺方法であった。

    しかし、それも昔の安全性の低かったバルビツール酸系時代の睡眠薬での話だ。現代はもう、バルビツール酸系の睡眠薬は余程のことが無い限りは世界中、日本でもアメリカでも処方されることはなくなっている。現代は、代わりに安全性の飛躍的に高まった睡眠薬が定番となっているからだ。故に、現代の睡眠薬の大量服用で薬物中毒死を狙おうとしても、それは失敗に終わる。致死までは行かずとも、横紋筋融解症のような重大な後遺症を負うことになりかねない。だから、やはり市販のドラッグストアで販売されている気軽に購入可能な睡眠薬といえども、容量用法をきちんと守って服薬せねば危ないということ。ましてや、市販の睡眠薬や処方された睡眠導入剤で薬物中毒死を狙うなど、馬鹿げている。警察発表の自殺方法別の統計データでも、現代は、もうそんな時代ではなくなっているのだから。

    ちなみに、バルビツール酸系睡眠薬は非常に致命的なダメージを体に与えることは可能であるが、現代の薬物自殺者の統計表の死亡原因薬物の欄にあまり出現しない理由は、やはり処方箋が殆どなく、処方箋なしにバルビツール酸系睡眠薬を入手するのは非常に困難なことが理由であろう。

     

     

     

     

     

    薬物中毒死の致死量について

    薬物中毒死の致死量とは、動物実験がなされ、それが人の大きさならばどのような効果を発揮するかを計算した結果、推測された数値でしかない。本当の人体実験の結果ではないのだ。なので、人間が死ぬまでにどれ位の量の薬物が必要なのかについては、一切真相は不明なのだ。

    薬物中毒死を正確に医学的に定義づけることが不可能である、という問題の一部の理由として、人の身体が様々な形や大きさである、ということが挙げられる。体重100kgの人と体重60kgの人とでは、自ずと死ぬまでにかかる薬物量も異なる。また、肥満体で100kgなのか、筋肉質で100kgなのかでも、違ってくるだろう。また、当然、女性か男性かでも異なるし、人種間でも異なる。故に、白人に効いたクスリだからといって、黄色人種に効くとも限らないので、治験は各人種間でバラバラに行われているのだ。

    また、一口に薬物といっても、脳に多大なる影響を与える薬剤もあれば、筋肉に影響を与える薬剤もある。効く部位がそれぞれ異なるのだ。それに各個人の年齢や性差、元々の体力、薬物に対する耐久性等もそれぞれ異なるので、一概に薬物中毒死可能な致死量というのは、グラフにして定義出来るものではない。ただ、一応、参考までに、グラフ化されたものはあるが。

    更に言えば、一度服用した薬剤は、体内にその薬剤に対する薬物耐性が出来上がるので、二回目は、もっと多くの容量でなければ死ねない。例えば、モルヒネは一度服用すれば耐性が出来上がる為、二度目に使用する時には、一度目よりも更に多量のモルヒネを投与しなければ、疼痛麻痺効果は得られないのだ。故に、人の薬物致死量を図ることは非常に困難となる。

     

     

     

     

    薬物中毒死自殺を成功させる為に役立つ工夫

    再度、ここで強調するが、薬物中毒自殺を試みた者の内、成功した者はたったの40人に1人の割合でしかない。それほど、薬物自殺というのは低い確率なのだ。故に、本気で死にたいと思っている人は、実は、この薬物中毒死自殺は採用すべきではないのかもしれない。

     

    それでも尚、薬物中毒死による自殺を考えている場合、以下の点を考慮する必要がある。

     

    1.統計的に死を達成する可能性の高い薬剤を選択すること。

     

    2.その薬剤の使用期限を確認する事。一般的に、薬物は有効期限を過ぎても長期間有効である場合が多い。それは、薬物の有効期限自体は製造年月日より2~3年だが、薬効自体は、購入から10年後であっても有効なことが多い。しかし、それは保管方法に大きく左右される。故に、本気で薬物中毒死自殺を狙うのならば、絶対に有効期限内のクスリを使用すべきだ。

     

    3.最低致死量をネットや書籍で確認すること。そして、念の為、その致死量に更に余分に加えた分量を服用すること。これで、より確実に死を迎えられるであろう。ジャンボジェットで目的地まで到達するのにギリギリの燃料しかないよりも、余分な燃料をたっぷり積載していた方が、確実に到達可能だから。故に、余分な分量のクスリをあえて服薬することにより、より確実に死ねるという訳だ。

     

    4.アルコールやその他のクスリとの併用を検討すること。アルコールは、バルビツール系の薬剤の薬効・毒性・副作用を増強させる効果がある。特に、最低限のクスリしかない場合、その少ない分量の薬物で死に至る為には、お酒の補助が欠かせない。しかし、あまりにも多量のアルコールを飲むことは推奨できない。途中で気持ち悪くなり、嘔吐してしまう危険性が発生するからだ。また、クスリは一般的に苦いものだが、お酒を同時に摂取することにより、その薬剤の苦みを消すことにも繋がる。

     

    5.薬物単独での自殺の試みは大半が失敗する。故に、他の全く異なる自殺方法との併用を試みるべき。具体的には、練炭自殺と睡眠薬の併用による死や、ビニール袋と睡眠薬の併用による窒息死とか。睡眠薬を摂取した後、ウトウトしながら凍死自殺で低体温死を狙うというのもアリだ。とにかく、単独で服薬自殺を執り行うよりも、他の自殺手段とのタッグの方が、自殺できる確率が飛躍的に上昇するのだ。

     

    6.なるべく空腹時に薬物を摂取すること。空腹時は薬の吸収速度も速いから。しかし、あまりにも空腹状態で、かつクスリのみの単独摂取では、苦いものを食べたとしか感じられないので、中々多量には摂取できない。故に、甘いハチミツの乗ったトーストと共に食す等の一工夫が欲しい。トースト一枚程度の摂取ならば、何ら薬効には無関係だから。また、飲み物は紅茶のようなものがよいであろう。緑茶では、解毒作用が働いてしまい、死に切れないかもしれない。また、食事は薬物中毒死の40~60分程度前が理想的であろう。

    とにかく、致死性の薬物の摂取とは、一般的にとても苦く、僧侶の苦行のようなものだ。それを和らげなければ、多分、致死量分の薬物は摂取出来ないであろう。

     

    7.薬物が液体の形状でない限りは、その錠剤を粉砕して粉末状にまで細かく砕く必要がある。また、カプセルに含まれている状態の薬物ならば、カプセルを分解し、中の薬剤を取り出す必要がある。そして、空になったカプセルは捨てること。これは、カプセル状態のまま服用すれば、胃の中で長時間溶けないままとなり、死ぬまでの時間がとても延びてしまうからだ。それを防ぐ為に、薬物が剥き出しの状態の粉状にして服用せねばならない。

     

    8.薬物を服用する時には、大量の水分が必要だ。少なくとも100ml以上が望ましい。但し、単なる水よりも、アルコール飲料や、強い味のホットドリンク、ミルク、フルーツやヨーグルトを溶かしたスムージー、または溶かしたアイスクリームと混合して摂取すれば、クスリの苦みも消せるであろう。

     

    9.自分の薬物中毒後の死体が発見されるまでに、何時間もかかるような場所で自殺行為は行われなければならない。頻繁に人の出入りがあるような場所ですべきではない。途中で誰かに発見されれば、ほぼ間違いなく救出され、脳や臓器の損傷が一生残ったまま生き続けることとなるから。静かに死のうとしても、無意識の内に呻き声を出してしまうものだ。故に、アパートやマンションの一人暮らしの部屋の中で薬物中毒自殺を行ったとしても、隣の部屋の住民に感付かれて、警察や消防に通報されてしまうかもしれないから注意せよ。

     

     

     

     

    薬物中毒自殺未遂者が病院に搬送されてからの処置

    幾つかの毒はこの世に解毒剤があり、各病院にも備え付けられている。しかし、それはあくまでも、メジャーな解毒成分であり、ごく少量に過ぎない。また、街の個人医院には、解毒薬などは置いていない。故に、小さな医院に薬物中毒自殺未遂者が運び込まれた場合、まず最初に行うのは、胃の中の薬物の、それ以上の体内への吸収を防ぐことであろう。

    それは、まず嘔吐を引き起こす為に、促吐剤を飲ませる。そうすることにより、胃の名の物質を体外に出すのだ。その後に体内に入れるのは、一般的には活性炭である。活性炭は非常に多孔質に加工されたカーボンの一種であり、備長炭や練炭のようなものでは、けっしてない。あくまでも医学的な道具である。そして、その活性炭を摂取すれば、胃の中の薬物を吸着し、それ以上の体内への有毒成分の吸収を防ぐ役目がある。そして、この活性炭は店頭でも買えるらしい。

    参考 リアルすぎる救急外来のお話~活性炭で患者を救え~

    次に、胃のポンピングが必要となる。チューブが鼻を通って胃の中に入り、そこから少量の温かい水または生理食塩水が胃に投与され、胃の内容物と共に吸い取られることとなる。その後、強制的な利尿作用のある薬物が静脈内に注入される。これにより、腎臓がより多くの尿を排出させる作用があり、その結果、薬剤の副作用が薄まる効果が期待できるという訳だ。

     

     

     

     

     

    薬物中毒自殺に関する総論

    日本国内でも、海外でも、大変多くの自殺志願者が薬物自殺を試みて、その結果、失敗して生き残り、重篤な障害を負う羽目となっている。そもそも、薬物による死とは、末期癌患者等の、もうどうにもならない病状の人が、スイスやオランダ等の安楽死が認められている国でのみ出来る方法なのだ。また、死刑囚が、薬物注射によって死に至ることでもある。なので、一般庶民が薬物で死のうとすること自体が、本来ならばしてはならないことなのだ。

    真に死にたい気持ちで心中が溢れている者の場合には、首吊り自殺や飛び降り自殺、飛び込み自殺、銃器自殺のような、致死率の極めて高い自殺方法により死のうとする。それに対して、薬物自殺を望む多くの者は、内心では、本気で死のうとはしていないのかもしれない。もしも本当に死にたいと心底思っているのならば、最初から首吊りのような致死率の極めて高い自殺手段を採用するはずだからだ。この安全性が飛躍的に高められた時代の睡眠薬などを大量に服用するところからみて、そのような自殺志願者は、心の底では、本気で死ぬことなどは望んでいないのであろう。自分自身への自殺パフォーマンスを行って、自分を慰める効果を期待している部分もあろう。

     

    故に、薬物中毒死を考え中の自殺志願者達は、今一度、[本当に死にたいのか?]を自分自身に問い、再検討する余地がありそうだ。案外、自分自身の思いとは、自分でもよく理解していないのかもしれないから。

     

    薬物自殺者の死体
    薬物自殺者の死体

     

     

    死にたい時に楽に死ぬ方法①~最も致命的な自殺の方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法②~拳銃自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法③~首吊り自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法④~ビニール袋と薬品で窒息死する自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑤~薬物中毒自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑥~ビニール袋とヘリウムガスでの自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑦~一酸化炭素(CO)中毒死の自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑧~飛び降り自殺・投身自殺のやり方

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑨~電車へ飛び込み自殺する方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑩~シアン化物及び塩化カリウムを使った自殺方法

    死にたい時に楽に死ぬ方法⑪~安楽死と自殺幇助

     

     

    自殺の霊的知識へ
    [死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[死にたい時に自殺で死ぬ方法・自殺したい時に自殺で死ねる方法]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について